プレママ・ベビーディクショナリー

頭の形がいびつ

生まれたばかりの赤ちゃんは、頭は細長く、いびつに見えることが多いのですが、これはお母さんの狭い産道を通り抜けてきたからなのです。

そのほか産瘤といって、お産の時真っ先にでてくる頭の部分がむくんだようになっていることもありますが、生まれたときほどはっきりしていて、だんだんに治り、やはり数日で消えてしまいます。
 でも、時に長く残るふくらみもあります。これは頭血腫といわれ、お産の際に頭の骨の外側に出血を起こしたものですが、これも心配することはなく、個人差はありますが、数か月で消えるようです。

いずれにしても生まれてすぐの赤ちゃんの頭は歪んでいたり、でこぼこしているのが普通だと考えてください。

また赤ちゃんには向き癖があり、いつも同じほうばかり向いて寝ていて、下になっている側が平らになってしまうこともよくあります。
 向き癖はある程度仕方がないもので、おなかの中にいたときに向いていた方向に関係するといわれています。

タオルをつっかえにしたり、ドーナツ枕を使っても思ったほど効果はありません。
 成長するにつれ、骨の発達によって頭の形も変わり、よくなってくるものです。お座りしたり、立ったり、歩いたりすることが多くなるにつれて、頭も少しずつ丸くなり、ほとんど気にならなくなります。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する