プレママ・ベビーディクショナリー

頭にフケとかさぶた

生後1、2か月頃までの小さな赤ちゃんの頭やまゆ毛に、白っぽいふけやかさぶたのようについているものは、脂漏とか乳痂と呼ばれるものです。

赤ちゃんは新陳代謝が盛んなので、皮膚から脂や垢が思ったよりたくさんでますが、それが汗やほこりと一緒になって固まってしまうのです。
 昔は胎毒あるいは(くさ)などと呼ばれ、取ってはいけないといわれたものですが、脂っこいあかのようなものですから、積極的に取りましょう。
 母乳栄養の赤ちゃんに多いようですが、放っておくと皮膚が刺激されて赤くなって、かゆみもひどくなり、乳児脂漏性湿疹となります。

脂漏の取り方は、入浴前にベビーオイルをつけた脱脂綿でしめらせてから石鹸で洗います。1日で取ろうとしてもなかなかとれない場合もあります。無理をせず、毎日同じことを繰り返して、少しずつ取っていってください。

ほかに、乳児期にでる湿疹としては、乳児湿疹があります。
 これは、小さな赤いブツブツが赤ちゃんのほほや額にでき、水を持ったり、ただれたり、かさぶたのようになったりして、頭、顎、耳のうしろから、胸や背中にまで広がることがあります。
 またかゆみも強いので、首を動かしたり顔をこすりつけたり、寝つきが悪くぐずったりします。2歳ぐらいまでは再発を繰り返しますが、80%ぐらいは自然に治ります。

また、近頃、アレルギーを持った赤ちゃんが増えているようですが、この脂漏性湿疹や乳児湿疹がすべてアトピー性皮膚炎となるわけではありません。
 家族の誰かがアレルギー体質で、しかも赤ちゃんが湿疹を繰り返している場合は可能性がありますが、今はアレルギーに関する研究が進んでいますので、かかりつけの医師に相談してみてください。適切なアドバイスが受けられると思います。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する