プレママ・ベビーディクショナリー

大泉門が早く閉じた

頭の前方あたりに骨のないひし形の部分があり、さわるのがこわいような感じがするところがあります。これは大泉門といわれるもので、昔はひよめきとか、おどりこと呼ばれました。

よく観察していると、1日のうちでも膨らんだりへこんだり、ペコペコ動いたりしています。これは、脳圧が直接伝わるからで、脳圧が高くなれば膨らみ、低くなればへこむのです。

脳室内に水がたまる病気の水頭症や、脳炎、髄膜炎、脳腫瘍の場合は、ここが膨らんできます。また、逆に下痢や脱水がひどいときはひっこみます。
 正常な赤ちゃんでも、1日のうちで脳圧は高くなったり低くなったりしていて、泣くと多少膨らみます。赤ちゃんが元気である限り当然の生理現象と考えてよいでしょう。

また、大泉門は頭の5枚の骨のすき間のようなものですから、最初は大きくなってきますが、だんだんに小さくなり、自然に閉じていきます。

閉じる時期は、昔は1歳半ぐらいといわれましたが、今はもう少し早いようです。
 個人差もあり、早ければ3か月、遅い場合は2歳ぐらいと差が大きいものです。
 よく、さわってみると堅くなっていて、「閉じた」のではと思われることが多いようですが、レントゲンでみてみると、結構すき間があるものです。

あまりに早くから閉じてしまうと、まれに小頭症の心配がありますが、この場合、頭囲が小さいとか、発育の遅れなど何か気づくような症状があるものです。
 母子健康手帳には頭囲の標準範囲も月齢・年齢別にでていますので、参考にしてみてください。心配な場合は、医師の診察を受けましょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加

「平成30年北海道胆振東部地震」、「平成30年7月豪雨」により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

赤ちゃんの肌に植物生まれのスキンケア

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する