プレママ・ベビーディクショナリー

寝返りができない

赤ちゃんの正常な発育発達を判断する材料としては、首のすわり、ひとりすわり、ひとり立ち、ひとり歩き、この4つがチェックポイントになります。

寝返りやハイハイは、これら4つの間にはさまれた、運動発達です。つまり、首のすわりやおすわりができなかったらそれこそ大変ですが、寝返りやハイハイをしないでつかまり立ちへ進んでいっても別に問題はないのです。
 このことを頭に入れておいていただいて、寝返りができない理由を考えてみましょう。

大人の場合もそうですが、活発にからだを動かすには、身軽のほうがいいですね。
 赤ちゃんも着せすぎや、太りすぎだとなかなか思うようにからだを動かせません。
 お母さんの手のかしすぎというのも、赤ちゃんの自発的な行動を妨げる原因のひとつです。

また、赤ちゃんの育つ時期によっても多少違いがでてきます。夏に育つ赤ちゃんは、冬、厚着をして育つ赤ちゃんより早いようです。

どうでしょう、おたくの赤ちゃんは、完全に寝返りができなくても、あおむけの位置から横向きになって、オモチャなどがあれば手をだしたり、回転運動をしたりしていませんか?
 寝返りは発育段階というよりも、ちょっとしたきっかけ、コツでできるようになるものです。
 時々横向きになって足をあげているようなら、そのときに軽く足とお尻を支えて、下半身をひねるようにしてあげてください。そのとき、背中は押さないようにします。
 首がすわった段階でなるべくうつぶせにする機会をたくさん作ってあげるといいですね。
 一度覚えると、遊びになって、おもしろいから何度も繰り返しているうちに要領を覚えて上達するでしょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する