プレママ・ベビーディクショナリー

頭が大きい

赤ちゃんは大人に比べると頭が大きく、からだの部分が小さいのが普通です。
 大人は、頭部がからだ全体の8分の1、つまり8頭身ですが、赤ちゃんはからだ全体の4分の1が頭、つまり4頭身です。

このように頭が大きいのは、精神や運動発達のかなめとしての大脳が、早くから大きく発達しているからです。

頭の部分は、はじめ脳の部分が大きく、顔の部分が小さくて、ほていさまのようなかっこうですが、あごの発達、歯が生えることなどで次第に顔の部分が大きくなり、大人の形に近くなります。
 それと同時に、頭囲は生後30日ぐらいで胸囲と同じくらいになり、その後は胸囲が頭囲をわずかに上回ってきますが、なかには頭囲が大きいまま成長していく赤ちゃんもいます。 以前は頭囲と胸囲の比較でいろいろ問題にしたこともあったようですが、現在ではあまり重要視されません。

頭囲ばかりを気にするのではなく、身長・体重のバランスはいいか、機嫌よくおっぱいを飲んでいるか、赤ちゃんの様子をよく観察してください。
 そのうえで、どうしても気になるようなら、小児科医に相談してみましょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する