プレママ・ベビーディクショナリー

夜泣きがひどい

夜泣きはほとんど毎晩、それも定期的に泣かれるので、たいていのお母さんは睡眠不足に悩まされ、苦労、心配は重なり、ご近所への気兼ねもあり、まいってしまうのだと思います。

一度寝入った赤ちゃんが泣きだしたら、お母さんは何か原因があるのだろうかと考え、おむつが濡れていないかとみてみたり、空腹になっていないかとお乳をあげたり、寒くないか、また暑くないかと温度を気にしたり、衣服や寝具がよれていて痛いのではないかと調べたり、甘えたいのだろうかと抱っこしてあげたりするでしょう。

これらのことをやってみて赤ちゃんの泣くのがおさまれば、それは夜泣きではありません。
 お母さんがあれこれ心配してあらゆる原因を考え、それをクリアーしてもまだ泣き続け、それも一晩だけでなく、毎晩続くというのが赤ちゃんの夜泣きなのです。

この夜泣きは赤ちゃんを育てたほとんどのお母さんが体験します。赤ちゃんの育て方にあやまりがあったわけでもなく、赤ちゃんのためを思い、毎日赤ちゃんによかれと心を砕いてもおこるもので、夜泣きにこれといった原因はありません。まあいってみれば、夜泣きはその赤ちゃんの昼と夜とのリズムをとっていくときのひとつの現象です。

したがって夜泣きに「これだ!」という対策の決定打がありません。

生まれたばかりの赤ちゃんは夜泣きをしません。たいがいは生後6か月を過ぎた頃から始まり、2歳頃までにはなくなるようです。
 ですから夜泣きは睡眠が大人の形になっていくときのワンステップと考え、お母さんひとりのせいなどと思い悩んだりしないでください。
 たまにはご近所のお母さん方と情報交換してみてください。夜泣きを経験したお母さんはいろいろなことをしています。
 ある夜はドライブに連れだしたり、湯たんぽを入れて足元を暖めてあげたり、おんぶで外を少し歩いてきたりと、お母さんができる範囲で相手をしてあげていますが、これが有効だったということがないままに、いつのまにか夜泣きはおさまってしまうものなのです。
 どの赤ちゃんもきっといつかは夜泣きを卒業できます。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する