プレママ・ベビーディクショナリー

カンが強い

「うちの子どうしてこんなにカンが強いのかしら、お隣のお子さんは、あんなに素直でおとなしいのに」と、よその子とわが子を比較して嘆いたり、不満を持っていらっしゃるお母さんをよくみかけます。しかし、それもその子の個性です。

子どもも大人と同じ十人十色です。物静かな子もいれば、いつも元気すぎるほどの子もいます。
 このような動きや反応の活発さは、それぞれの子どもが持っている個性のひとつだと考え、親のほうもあまり神経質にならないようにしましょう。

また1歳半から2歳くらいの子はかんしゃく持ちが多いですね。
 自我意識が芽生え何かしようとするけれど、思い通りにならないので大声でわめいたり、おこってものを投げたり、かみついたりするのです。
 なんでもしたい、やりたいと思うのに、言葉が不十分で自分の気持ちが通らなかったり、運動機能が未発達で行動が伴わなかったりするために、かんしゃくをおこしてしまうのでしょう。

かみつかれたときにお母さんが大騒ぎして、要求を通したりすると、子どもはこれは効果的だと気がついて、いつもかみついてきます。
 なだめたり、やめさせようとやっきになるよりも、おさまるのを待つか、さりげなく興味や話題を変えるようにしましょう。

たとえば「あら、わんちゃん何をそんなにおこっているの?」とそばのぬいぐるみに話しかけ、そのわんちゃんとだけ話をするのです。 子どもはきっと一瞬キョトンとするかもしれません。しばらくほうっておけばおさまって、気分転換できると思います。

親は常に子どもに「こうあってほしい」というイメージをいだきがちです。たとえば女の子なら「素直でおとなしい子」などという期待をよせたりするものです。 しかし、子どもには親の思惑を超えて、本来のその子自身の個性があって、それが親のいだいているイメージと合わない場合、親の不満になるようです。

子どもの個性を生かしながら、常識やマナーをわきまえた行動がとれるよう導いてあげることができれば理想的でしょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する