プレママ・ベビーディクショナリー

指しゃぶりがひどい

人間は生まれつき吸う能力を持っていますから、生まれるとすぐにおっぱいを飲むことができるのです。
 赤ちゃんは、口や唇の感覚がするどくて敏感です。したがって何かの拍子に指が口のそばにきて中に入ってしまい、ちょっと吸ってみたら楽しく落ちついたので、それから積極的に指を吸うということになります。
 これは単なる習慣なのですから、自然にとれるのを待つのがよいでしょう。指しゃぶりは赤ちゃんによくある行動のひとつですから無理に直そうとせず、赤ちゃんの状況を見守ってあげることが先決です。

幼児期までずうっと、それも1日中暗い表情でもして指を吸っているのであれば、これは両親とのかかわりが不足していたり、思う存分遊べていなかったり、何か不安があって落ち着けないのかもしれません。

不安があって、心の安定を求めるための指しゃぶりのようなら、お母さんは赤ちゃんが何を求めているのかをしっかり把握してください。
 もし1日のうち限られたときだけ、たとえば眠る前だけというような場合は、これで寝つきやすいのですから、そのままにしてもよいでしょう。赤ちゃんはそれで好都合です。

また歯への影響を心配されるお母さんがありますが、1日中というほどでなければ心配ありません。

赤ちゃんも退屈だとよけいに指しゃぶりは強くなります。
 赤ちゃんをひとりぼっちにせず、友達と遊ばせる、戸外につれだす、興味のありそうなおもちゃを与えて遊びに夢中にさせるなどしてあげるとよいでしょう。 たいていの場合は成長と共にいつかは消えていくものです。 4、5歳頃になって、「お友達に恥ずかしい」という気持ちがでてくれば、人前では意識して指をしゃぶらないようになります。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する