プレママ・ベビーディクショナリー

笑わない

赤ちゃんの笑いは発達と共に変化します。生後間もない頃は、まどろんだときに頬の筋肉がゆるむ生理的な笑いだったのが、視覚の発達に伴って刺激に対する反応となり、言葉を獲得したあとは見聞きしたことへの反応と同時に自己表現のひとつとなるでしょう。

2か月頃あやされて笑っていた赤ちゃんが、6か月頃には知らない人があやすと、じっとおしだまって笑おうとしないのなら、これは単なる人見知りですから心配ありません。
 また声をだしてキャッキャッと笑わないと気にするお母さんがいらっしゃいますが、耳がよく聞こえているようなら、声をださなくても表情が豊かでニコニコしているなら心配ありません。
 お母さんの声を聞いて表情が変わったり泣き止んだり、また「あー」とか「ぶー」とかの喃語がでているのであれば問題はありません。

赤ちゃんは生きていく上でお母さんや周りの人たちにさまざまなサインを送っています。
 笑いもそのひとつで、これは周りの人たちを最も幸せな気分にさせてくれるサインのひとつであると思います。
 大人にも静かな人やにぎやかな人がいるように、赤ちゃんにも個性がありますから、あまり笑わない赤ちゃんがいても当然です。
 しかし、楽しいことがなければ笑いも少なくなります。赤ちゃんを取り巻く状況がいつも笑顔でいられるようにしていきたいですね。

人とかかわることの楽しさ、面白いおもちゃに出会ったときの楽しさ、それぞれできるだけたくさんの楽しさを体験させてあげ、元気に笑えるような、自分の感情を素直に表現できるような子どもに育てていきたいものです。
 もし赤ちゃんの笑いが少ないように感じたら、赤ちゃんに接する態度を少し考えてみてはいかがでしょう。1対1の時間を多く持って「コチョコチョ」とくすぐりっこをしたり、「いないいないバア」をしたりして、遊びの中で笑う機会を作っていってみてください。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する