プレママ・ベビーディクショナリー

しぼった母乳の保存

生まれたばかりの赤ちゃんにとっていちばんの栄養は母乳です。お母さんは赤ちゃんにできるだけ母乳を飲ませてあげられるよう努力していることでしょう。

しかしお母さんとて、用事で外出しなければならないときもあります。
 また働きながら子育てしているお母さんが、母乳を飲ませたいという場合は、搾った母乳を消毒した哺乳ビンや冷凍用母乳バッグで冷蔵、冷凍して保存する方法があります。

まず冷蔵の場合は、冷蔵庫に入れて半日までなら大丈夫です。
 1日以上の貯蔵なら市販されている冷凍用母乳バッグで冷凍してください。
 冷凍母乳は凍らせたり解凍したりする段階で成分がそれほど大きく変わるわけではありません。

ただ解凍するときに少し注意が必要です。
 熱いお湯や電子レンジで解凍すると母乳の中の酵素や免疫物質が壊れてしまいますから、水道水か、なまぬるいくらいのお湯をボールに張り、その中に冷凍母乳バッグを入れて解凍します。
 解けたら消毒済みの哺乳ビンに入れ摂氏40度くらいのお湯で人肌程度に温めてから飲ませてあげましょう。

またいくら冷凍がよいといってもあまり長く冷凍しておいたものは成分が変わります。
 冷凍母乳は一週間以内に飲ませるようにしましょう。

一度解けたものをまた冷凍させて飲ませるのもよくありません。
 いずれの場合も、飲み残しは捨ててください。

一度口をつけると細菌が哺乳ビンの中に入り、そこは摂氏37度という細菌の発育にちょうどよい温度と栄養のために20~30分後に著しく細菌が増加することがわかっています。これらの細菌がすべて有害というわけではありませんが、赤ちゃんの腸は敏感なので、異常をおこさないとは限らないからです。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する