プレママ・ベビーディクショナリー

お乳をやめる時期は?

母乳は赤ちゃんにとって最もすぐれた栄養食品といわれています。しかし、大きくなれば赤ちゃんの生理機能も発達して、いろいろなものを消化吸収できるようになりますから、その利点は薄れていきます。

一方、母乳をいつまでも与えていると、赤ちゃんが哺乳の感触や楽しみにすっかりひたりきってしまい、ほかの食べ物を食べようとしなくなる弊害もでてきます。
 母乳が栄養的に悪いということではないのですが、赤ちゃんにも自立ということも必要です。

そこで母乳はその赤ちゃんの離乳が完了した頃、すなわち12か月から1歳半くらいの間にやめるのが理想的だといえます。

離乳食が3回食になった頃から母乳を徐々にミルクに変え、ミルクはコップで飲むなどの練習をして準備をしていきましょう。
 そして今日からお乳をやめるとお母さんが決めたら、その日の朝、母乳を十分飲ませたあと、「もうお姉ちゃんになったのだから、おっぱいはナイナイしましょうね」と言い聞かせて、それ以後はいくらほしがって泣いても1滴も飲ませないようにするのもひとつの方法です。

日中は赤ちゃんを外に連れだして一緒に遊び、寝つきをよくしてあげるのもよいことです。
 夜おっぱいをほしがって泣くこともあるでしょう。そんなときは、抱っこしたり、遊んでやったり、ミルクや牛乳を飲ませたりと赤ちゃんの気をまぎらわせてあげてください。
 3日もがんばればお乳をやめられるでしょう。

お乳をやめたあとはお母さんのおっぱいがうつ乳にならない程度に搾乳し、徐々に搾乳の量を減らしていきます。あまり張ってくるようでしたら、ビニール袋に入れた氷をタオルで包み、乳房にあてて冷やしてみるとよいと思います。 しかし、赤ちゃんが自然におっぱいを卒業できるまで待つという考え方もあるでしょう。
 ライフスタイルや赤ちゃんとの関わりあいの中で、最もふさわしい時期を選びとってよいと思います。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する