プレママ・ベビーディクショナリー

布団をはいでしまう

寒い季節には赤ちゃんが布団をちゃんとかけて寝ているかどうか、とても気になるものですね。
 新生児の頃は静かに眠っていた赤ちゃんも、生後1か月を過ぎる頃から、起きているときには盛んに手足をバタバタと動かすようになります。

2か月にもなると手足の動きはますます活発になり足の力もついてきて、軽い掛け布団なら足でけったりもします。
 また、いつのまにかベッドの中で少しずつ動いて、布団からずりでてしまうこともあるでしょう。もっと動くようになると、布団をけったり、はいでしまったり、逆にぐるぐると巻き込んでしまうこともあります。

赤ちゃんの眠っている部屋の室温をチェックしてください。部屋が暑すぎると布団をはいでしまいます。
 夏以外は赤ちゃんがいる部屋は20℃ぐらいがよいといわれていますが、眠っているときにはもう少し低めでもよいでしょう。
 逆に、どんなに気をつけても必ず布団をはいでしまう赤ちゃんなら、室温を常に20℃くらいに保っておいて、布団が掛かっていなくても寒くないようにしておくとよいでしょう。

あと、おすすめできることは、寒い時だけでも赤ちゃんと一緒に寝てみてはどうでしょうか。
 昔ながらの添い寝は、母と子のふれあいという点でも見直されています。同じ布団でなくても、横に赤ちゃんの布団を敷いてもよいでしょう。
 とにかくすぐ横に赤ちゃんがいれば、わざわざ起きださなくても布団の確認ができますし、すぐに掛け直しができますね。

それから、赤ちゃんは寝つくまでからだをあちこち動かしますし、寝入りばなには汗もよくかきます。
 赤ちゃんを布団の中に入れてすぐに布団で包んでしまうのではなく、赤ちゃんが寝入ってしばらくしてから、布団を肩までかけてあげるほうがよいでしょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 4月27日~5月6日は休業となりますので、あらかじめご了承ください。休業期間中のお問合せに関しましては、5月7日より順次ご対応させていただきます。

赤ちゃんの肌に植物生まれのスキンケア

WAKODO はいはい

母子健康手帳 副読本アプリ

マタニティランド

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する