プレママ・ベビーディクショナリー

タバコやナフタリンを食べた

赤ちゃんが誤って食べてしまうものでいちばん多いのは、タバコです。

少しなめて吐きだした程度なら、口の中をきれいに拭いてミルクか水を飲ませておきます。
 ただし2センチ以上のみ込むとニコチン中毒をおこす危険があります。
 タバコを食べたときは何も飲ませずにすぐに吐かせます。
 口の中にタバコが残っていれば、まず指でかきだしてください。
 次にうつ伏せにして口を開かせ、指を入れて下のつけ根を強く押し下げるようにして何度か吐かせます。そして、口をガーゼなどで拭ったあとすぐ病院へ連れていきます。

防虫剤のナフタリンを食べてしまったときはまず水を飲ませてください。
 ミルクを飲ませてはいけません。ミルクの脂肪分で溶けてかえって毒物の吸収を早めてしまいます。たくさんの水を飲ませてのどに指を入れて吐かせてから病院へ連れていきましょう。

ただし、樟脳の場合は吐かせないですぐ病院へ連れていきます。
 防虫剤はわずかな量でも命に危険な場合がありますので、迅速に行動することが大切です。
 このとき食べたものの残りや、吐いたものの一部を持参し、医師に「何をどのくらい食べたか」を報告しましょう。

赤ちゃんのいる家庭では、赤ちゃんの手が届くところに危険なものを置かないことです。
 タバコの吸い殻はそのつど捨てましょう。
 また家庭用の防虫剤は、今は樟脳やナフタリンよりも毒性の少ないパラジクロロベンゼンに代わってきています。
 赤ちゃんのいる家庭では、丸い固形の防虫剤ではなく、カード式の薄いものや防虫シートなどがおすすめです。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する