プレママ・ベビーディクショナリー

擦り傷、やけど

赤ちゃんが歩き始めると、軽いケガをすることが増えてきます。
 なかでも擦り傷は、ころんだときなどに多くおこります。
 応急処置はつぎの順序で行ってください。

まず傷口を水道水などで洗い流してきれいにしましょう。
 地面で擦り傷を作ったときには、傷口はかなり砂やゴミなどで汚れているので、患部をきれいにするところから始めます。
 もし、出血しているなら、清潔なガーゼを患部に当ててしばらく押さえておくと、たいてい止血できます。そして、傷口を消毒します。
 最後に清潔なガーゼを当ててバンソウコウで止めるか、包帯をしておきます。出血もないような軽い傷でしたら、洗って消毒するだけでもよいでしょう。

このような擦り傷などの手当てには、「消毒液・滅菌ガーゼ・バンソウコウ・包帯」が必要ですから、これらの品物を救急箱に常備しておくようにしましょう。

やけどをしたときは、やけどの程度にかかわらず、すぐにきれいな水で冷やしてください。
 手足のやけどは、水道水を流しっぱなしにしてやけどをしたところを洗面器やバケツに浸して冷やします。
 顔や頭はシャワーで冷やすか、氷のうや冷たいタオルなどで冷やします。
 全身の場合は衣服は着せたまま、上から水をかけてください。
 皮膚が赤くなってはいるが、水脹れにはならない程度なら、20分から30分ほど冷やしておけばよいでしょう。
 充分に冷やしたあとは、程度によって抗生物質入りの軟膏を塗ります。これは細菌感染を防ぐためです。
 そして、赤ちゃんが患部をひっかいたりしないように、滅菌ガーゼを当てて包帯をします。

しかし、水脹れができる、痛みがひどい、皮膚がただれたり白くなったりしている場合には、すぐに病院へ連れていきましょう。
 このとき、全身のやけどは、ぬれたバスタオルやシーツに包んで行きます。部分的なやけどの場合は、氷のうや冷やしたタオルを当てながら連れていきます。

やけどの原因はほとんどが大人の不注意によるものです。赤ちゃんの手が届くところに熱いものなどを放置しないよう気をつけましょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する