プレママ・ベビーディクショナリー

誤 飲

赤ちゃんは好奇心が旺盛なので、目についたものや興味を持ったものは、何でも口に入れてしまいます。
 万が一、誤飲の事故が起きたときには、つぎのことを確認してください。

まず、赤ちゃんの様子をよく見ること。意識がボーッとしていたり、息が苦しそう、もしくはけいれんをおこしたりしていませんか? こんなときはすぐに救急車を呼んでください。
 そして、毛布やタオルケットなどで赤ちゃんのからだを包んで温めます。
 つぎに、飲んだもの、食べたものの種類、量を調べます。医者に報告できるよう、サンプルを持参する用意をします。

このように重症になる毒物としては、「漂白剤、トイレ用洗浄剤や排水パイプ用洗浄剤・カビとり剤やさびとり剤・殺虫剤・ナフタリンや樟脳・マニキュア除光液・灯油やガソリンなどの石油製品」などがあります。

このようなものをなめたり口の中に入れたりした場合は、たとえ少量であっても危険な場合があるので、必ず医師の診察を受けましょう。

少量ならまず心配のないものとしては、「石けん・洗濯用や台所用の合成洗剤・口紅やクリーム・ベビーシャンプーなどのベビー用品・鉛筆やクレヨン」などがあります。
 しかし、このようなものでも多量に口に入れたときには、応急処置をしてから病院へ行くことをおすすめします。この場合はつぎの指示に従ってください。

吐かせてよいか、いけないかをチェックします。
 タバコや医薬品、化粧品などは水かミルクを飲ませて、吐かせてから病院へ連れていきます。
 また、灯油やガソリン、そして強いアルカリや強い酸の薬品や洗剤などは吐かせてはいけません。食道や肺がおかされるので、吐かせないで急いで病院へ連れていきます。
 意識がはっきりしていないときや、けいれんをおこしかけているときにも吐かせないでください。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する