プレママ・ベビーディクショナリー

哺乳ビンが離せない

赤ちゃんを哺乳ビンからサヨナラさせる時期は、多くの方が1歳くらいと考えているようです。
 離乳食もほぼ完了に近づき、ほとんどのものが食べられるようになりますし、コップの扱いにも慣れてくる頃だからでしょう。

しかし実際には、その頃にピタリと哺乳ビンをやめられたお子さんは案外少ないようです。多くの場合、その頃からだんだんにとる練習をして1歳半から2歳くらいでサヨナラさせているようです。

そのためにはまずコップを十分に練習させておく必要があります。お茶で、牛乳で、スープでとこぼしながらでもひとりで飲ませるようにしてください。
 また食事もきちんととれていないのに哺乳ビンだけ卒業させるのは無理です。
 食事時、哺乳ビンだと200mlも飲んだのにコップにしたら50mlしか飲んでくれないために心配で、せっかくやめた哺乳ビンをまた使ってしまうお母さんもいますが、離乳食も完了期になれば食事時に200mlもミルクを飲むはずがありません。赤ちゃんは、食べるより哺乳ビンで飲むほうが楽なために手離せないでいるのでしょう。

また、昼間はコップで上手に飲めるのに寝つくときだけは哺乳ビンでないと駄目という子もいます。
 お母さんも赤ちゃんが寝てくれないと困るので、親の都合で睡眠薬代わりに哺乳ビンを与えていたのではないでしょうか。
 しかし夜も哺乳ビンとサヨナラさせたいのなら親自身も割り切って哺乳ビンを我慢させることです。
 お母さんによっては絵本を読んであげたり、お話ししてあげて、乗り切ったという方もいます。
 また下の子が生まれたら赤ちゃん返りをして、哺乳ビンがほしくなったという例もあります。
 こんなときは「今日だけね」と哺乳ビンを与えながら、「お姉ちゃんはコップが上手だけど赤ちゃんは哺乳ビンしか使えなくてかわいそうね」などとお姉ちゃんがコップを使えることをほめてあげましょう。
 いつまでも哺乳ビンが離せないと虫歯の原因になるとか、歯の形に悪影響があるとか、甘ったれになるなどといわれますが、そうと決まったものでもありません。

しかし幼児期の食生活ということを考えると、ゆっくりとでも卒業したいですね。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する