プレママ・ベビーディクショナリー

ハイハイをしない

最近、健診などでも「ハイハイをしない」というお母さんの心配はとても多いようです。

統計的には10か月半ば頃には、だいたいの子ができるようになるのですが、子どもがハイハイをするのは興味を持ったものにさわりたいとか、お母さんの所へ行きたい、という強い思いで必死に動いているうちに「ハイハイ」の形で移動することを覚えるのであって、ほかの方法で移動できればあえてハイハイをしない子もいます。
 座った姿勢で動いたり、いざって進むような少し変わったスタイルのハイハイでも、単なる赤ちゃんの癖と思ってよいでしょう。

上手なハイハイをしないからといって、その後の発達に支障がでるわけではありませんし、運動能力や筋肉の力が劣るということも考えられません。  つかまり立ちができればすぐ伝い歩きも始まるでしょうし、移動の方法はその子の好みで違っていてもかまわないと思います。

伝い歩きのしやすい住環境の場合など、ハイハイをしないうちに歩き始めてしまうことはよくあることです。
 どのような子がハイハイをしないのかというと、まず「寝返りをするのが遅かった子」、基本的にあまりうつ伏せが好きでない子です。
 太った子の場合にこのケースが多いようです。太っているとうつ伏せでおなかや胸がつかえ、自分の体重を自分で支えられないのです。
 こんな子はうつ伏せの練習をさせるか、お母さんと一緒に段ボール箱などで作ったトンネルをくぐり抜ける遊びなどをして、ハイハイを促すのもよいでしょう。
 また「やる気の無い子」というのもいます。こういう子は歩行器などに入れると歩行器に動かされてよけい自分のからだをコントロールすることを覚えません。
 部屋をなるべく広く、安全にとり、自由に転がって遊ぶ環境を作ってあげるのがよいでしょう。

赤ちゃんが移動しようとするときに、お母さんがすぐ手をさしのべてしまうので、自分からなかなかハイハイができない、というケースもあります。
 こんなときもうつ伏せにしたり、からだを支えてあげたりというトレーニングを毎日根気よくすることが大事です。
 手があいたらこまめにちょっと体操というのもよいですね。おもちゃを使って赤ちゃんの気をひき、ハイハイを促すのもよい方法だと思います。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する