プレママ・ベビーディクショナリー

母親のそばから離れられない

行動範囲が広がってもよい頃なのに、いつまでも母親にべったりというお子さんがいます。

「お母さんでなければイヤ」という気持ちは6か月頃から芽生えてきますが、1歳くらいになると自分で動けるようになりますから、「お母さんがいないと泣く」くらいではおさまらず、もうお母さんの行く所にはどこへでもくっついていかないと気がすまなくなり、あと追いが始まります。

お母さんのほうはただでさえ忙しいのに「トイレにまでついて来るので困るわ」とか「まったくうるさいんだから」と思うこともあるでしょう。
 しかし、こんなに子どもがお母さんと一緒にいたいと思うのは、この時期だけです。

この時期の子どもはいつでもお母さんの所へ行けば「必ず泣き声に答えてくえる」、「困ったことやこわいことがあってもお母さんは自分を守ってくれる」と覚えているのです。
 そして何かあったらお母さんの所へ行けば「安心だ」と確信すると、今度は本当に困ったことがあったときにだけお母さんの所へ来るようになります。

くっついて来る子どもを無理に離そうとすると、子どもはなかなか「お母さんといると安心」と思えません。
 お母さんが「大丈夫、お母さんはいつもあなたのそばにいてあなたを守ってあげるわ」という態度でいると、子どもは安心して、少しずつお母さんから離れてはもどり、離れてはもどりを繰り返し、次第にお母さんから離れられるようになるのです。

子どもが自立していく過程は、進んだと思ったら1歩後退ということの連続です。
 病気をしたらオマルからおむつにもどったり、下の子が生まれたらお母さんから離れられなくなったりということはよくあることです。
 お母さんはそういう子どもの状態を認めて、優しく受けとめてあげてください。
 お母さんから離れて自立するということは、お母さんに甘えないということではありません。
 不安があったときにはお母さんに甘えて、その安心感をもとにして、今度は、外へ向かっていくエネルギーがわいてくることだと思います。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する