プレママ・ベビーディクショナリー

高年齢出産が不安なのですが?

高年齢出産でとくに問題になるのは、高年の初産の場合といえます。
 高年初産は、35歳以上のはじめての出産をいいますが、高年初産だからといって、妊娠中、とくに問題となることはありません。一般の妊婦さんと同じ注意でよいでしょう。

しかし統計的に20歳代から30歳代前半の妊婦より、妊娠出産になんらかの異常がおこりやすいので、妊娠中から注意深くみていこうということなのです。

高年の妊娠ほど、一般には、妊娠初期の流産の確率が少し多くなりますが、あまり神経質にならないようにしましょう。
 また、ダウン症といって、染色体に異常のある子どもが生まれやすいともいわれますが、これもあまり心配しすぎないほうがよいでしょう。これらのトラブルはあくまで統計的なもので、年齢による影響よりも個人差のほうが大きいと考えられています。

高年初産では、出産の時に陣痛がなかなか強くならなかったり、子宮口が開かない、産道がかたい等で、分娩時間が長くなるといわれますが、個人差があると考えましょう。
 定期的に健診を受け、妊娠中の一般的な注意や、偏らない栄養、適度の運動や休息など、よく守っていれば大丈夫です。

年齢を重ねることで精神的に豊かになり、赤ちゃんが生まれることに大きな期待と喜びを感じていることでしょう。赤ちゃんにとってこんな幸せなことはありません。
 新しい医療の力をできるだけかりて、デメリットよりメリットを中心に考え、妊娠中の生活を、健康に楽しくすごしてみてはいかがでしょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加

「平成30年北海道胆振東部地震」、「平成30年7月豪雨」により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

赤ちゃんの肌に植物生まれのスキンケア

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する