プレママ・ベビーディクショナリー

パーマはいつ頃までに?

妊娠中にパーマをかけてもおなかの赤ちゃんには直接影響はありません。ただパーマ液は刺激があるので、皮膚の感受性が高くなっている妊娠中にはかぶれたりすることがあります。

また、妊娠中はホルモンのバランスもくずれているため、パーマがかかりにくかったり、抜け毛が多くなったりすることもあります。美容師さんに妊娠していることを話して薬品、時間などに注意してもらうとよいでしょう。髪を染めることも同じ注意が必要です。

パーマをかける時期は、妊娠初期は胎盤が不安定なこともあり、長時間無理な姿勢を続けるのは避けたほうがよいので妊娠中期になってからがよいでしょう。また、妊娠後期も大きなおなかで洗髪の時に仰向けになるのはつらいこともありますからやはり避けたほうがよいでしょう。

皮膚の敏感な人はパッチテストを受けたほうが安心です。

新陳代謝がさかんになる妊娠中は、汗や分泌物も多く、どうしても髪も汚れやすくなります。
 パーマをかけたあとも、シャンプーは香りや刺激の少ないもので使い慣れたものを使い、トラブルを起こさないよう注意しましょう。
 また、過労やストレス、睡眠不足はできる限り避け、バランスのよい食事を心がけましょう。
 美しい髪を保つには、体の中からケアすることも忘れないでください。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する