プレママ・ベビーディクショナリー

出産費用あれこれ

出産そのものの費用の中身「分娩費と入院費」ですが、その金額は、病院によってかなり差があるようです。

分娩費は、たとえば分娩時間が診療時間外や休日だと割増料金になりますし、会陰切開や吸引分娩などの処置が施されれば、当然それ相当の料金が加算されます。
 どちらにしても、出産前に「正常分娩」の場合の料金の目安を病院に尋ねておいて、その料金に数万円プラスした金額を用意しておくことをおすすめします。

入院費は個室か相部屋かで大きな違いがありますが、とくに安静が必要な場合を除いては相部屋で充分でしょう。
 この入院費と分娩費を合わせた出産費用の平均額は「正常分娩、7日入院」で平均45~50万円前後というところでしょう。
 なお、帝王切開の場合は保険が適用されますから、最終的な自己負担は正常分娩に比べて、さほど高くなることはないようです。

ところで、この分娩・入院費の大半は戻ってくることをご存じでしょうか。
 社会保険なら分娩費が、国民健康保険なら助産費が支給されるからです。
 ただし、異常分娩で保険扱いになった場合は別の規定がありますから、加入している健康保険組合に問い合わせましょう。

つぎに出産準備としての育児用品にかかる費用は、あるアンケートの結果によると、だいたい10万円前後という人が多かったようです。
 もちろん、出産準備品のすべてを新しく買ってそろえると25万円を越えますが、たとえばベビーベッドやベビーカーなどはリースにしたり、親戚や知人からのお下がりを有効に利用した人たちは10万円くらいで納まったようです。

最後に児童手当についてお話ししましょう。
 かつて第3子から支給されていた児童手当は、昭和61年に第2子からの支給に、そして平成3年からは第1子から支給されることになりました。
 地域によっては子育て支援としてさまざまな援助を行っているところもありますので、市町村の窓口に問い合わせてみるとよいでしょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する