プレママ・ベビーディクショナリー

赤ちゃんのお祝いごと

赤ちゃんのお祝いごとには、お七夜、お宮参り、初節句などがあります。

お七夜は、赤ちゃんが生まれてからはじめてのお祝いの行事です。お七夜とは読んで字のごとく、生まれて7日目のことで、昔からこの日に命名式をしてお祝いをする風習があります。
 この7日目とは、生まれた翌日を1日目として数えますから、ちょうど赤ちゃんとお母さんが病院から退院してくる日と重なることが多くなります。
 それで最近では、簡略化したり何もやらなかったという家庭が増えているようです。
 お七夜は、正式に行う場合は名づけ親をたて、お七夜の当日に名づけ親が命名書を奉書に書いて出産祝いとともに届け、そして祝いの席で名前を披露し、命名書を神棚に上げて赤ちゃんの成長と幸福を祈ります。
 命名式のやり方は地方によって異なりますが、核家族化が進んだ現代では、名づけ親をたてることも少なくなり、赤ちゃんの両親が命名書を書いて、ごく親しい身内の人だけで祝うようになってきています。

お宮参りは、土地の氏神様に赤ちゃんの誕生を報告し、氏子として認めてもらうという意味をもった行事です。
 お宮参りに行く時期は、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目とするのが一般的ですが、地方によっては50日目とか100日目とするところもあります。
 北国や冬生まれの赤ちゃんなどでは、何日目といった日取りにこだわらないで、赤ちゃんの体調に合わせた天候のおだやかな日を選ぶのもよいでしょう。
 神社には、赤ちゃんの両親のほか、双方の祖父母が付き添い、一般的には父方の祖母が赤ちゃんを抱いて行くものとされています。
 神社への参拝のあと記念撮影を行い、そして祝いのお膳を囲みますが、お参りだけかお参りと記念撮影だけで済ませる人も多いようです。
 正式の服装は母親と祖母は黒留袖ですが、ワンピースやアフタヌーンスーツなどでも略式の正装として通じます。赤ちゃんの服装も近頃では洋装にする人が多く、白いベビードレスに帽子をかぶせケープを掛けます。

初節句は、赤ちゃんが生まれてはじめて迎える3月3日または5月5日の節句を言います。
 赤ちゃんの祝い着や節句のおひな様、鯉のぼりなどは各家庭のスペースや予算に合ったものを選びましょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する