プレママ・ベビーディクショナリー

飛行機、新幹線、バスなどの旅

赤ちゃんにとってはじめてのおでかけは1か月健診が一般的ですね。
 3~4時間以上の本格的な外出は、首がすわってくる3か月を過ぎてから。混雑した時間帯を避け、短時間で済ませましょう。

電車やバスを利用する場合は、ベビーカーよりも抱っこやおんぶのほうが楽ですね。
 乗り物の中ではベビーカーを折りたたんだほうが安全ですし、ベビーカーを抱えて駅の階段などを上り下りするのも大変です。
 また、デパートや大手のスーパーには、ベビーカーの貸しだしサービスがありますので、月齢に応じて利用してもいいでしょう。

ところで、乗り物の中では冷暖房がききすぎていることが珍しくありません。
 夏はカーディガンやボレロもしくはバスタオルなど、さっとはおれるものを持参しましょう。
 逆に、冬は暖房で暑くなったら、すぐに1枚脱げるような服装がいいですね。
 そして上下別のほうが、衣類調節やおむつ交換が楽です。

持ち物は「おむつ・着替え・ガーゼのハンカチ・ウエットティッシュ」など。
 ミルクの赤ちゃんでは粉ミルクとポットが必要です。粉ミルクはミルカーかスティックパックで用意し、お湯は熱湯を入れて数時間後に適温になる保温ポットに準備すると便利です。
 デパートの赤ちゃん休憩室には備えつけのポットがありますし、喫茶店やレストランでもお湯は分けてもらえるでしょう。

飛行機や新幹線などを使って泊りがけで旅行するのは、できれば6か月を過ぎてからのほうがよいでしょう。
 赤ちゃんも6か月を過ぎるとからだもしっかりしてくるし、授乳やおむつ換えの回数が少なくなっているので、お母さんの負担も軽くてすみます。
 飛行機では予約の際に申しでておけば、機内でベビーベッドが使用できますし、お湯ももらえます。
 なかには、離着陸の際の気圧の変動から、耳の痛みを訴える赤ちゃんもいますが、そんなときにはお乳や湯ざましなどを飲ませると少しは違うようです。
 飛行機、新幹線どちらの場合も必ず禁煙席を予約することを忘れずに。
 いずれにしても、赤ちゃんを連れてでかけるときには、ゆとりのあるスケジュールを組んでください。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する