プレママ・ベビーディクショナリー

自家用車の旅は大丈夫?

マイカーでの旅は自宅から旅館やホテルや実家などへドア・ツー・ドアで移動できるので、赤ちゃん連れには便利ですね。
 スケジュールなどもある程度融通が利きます。1~2時間に1回は車を止めて休憩をとること、そして安全運転を心がけましょう。

6歳未満の乳幼児を車に乗せるときには、チャイルドシートの着用が法律で義務づけられています。
 これは走行中の事故から子どもを守るために必要なものです。
 チャイルドシートには新生児用、乳児用、幼児用、学童用など、子どもの成長段階に応じていろいろなタイプのものがあります。安全基準に合格したものを選び、車の後部座席にしっかりと固定しましょう。
 どのタイプのチャイルドシートも正しく取りつけなければ効果がありません。
 6歳以上でも大人のシートベルトができるようになるまでは、チャイルドシートを着用するようにしてください。

車内はかなり陽射しがきつくて乾燥していますから、日よけや飲み物の準備を忘れないでください。
 また、エアコンの通風状態にも注意して、時々は車内の空気を入れ換えましょう。

旅に持参するものは「おむつ・着がえ・ガーゼのハンカチ・ウエットティッシュ・おくるみやタオルケット」などです。
 ミルクの赤ちゃんなら、粉ミルクと保温ポットが必要です。粉ミルクはミルカーかスティックパックで用意し、お湯は熱湯を入れて数時間後に適温になる保温ポットに準備すると便利です。

そして、万一のことを考えて健康保険証と母子健康手帳を、また、いくつかお気に入りのおもちゃも持参しましょう。

そして、これはとても大事なことですが、眠っている赤ちゃんを置いて車を離れることは決してしないこと。
 赤ちゃんひとりを車の中に置いておくことはとても危険ですし、夏だと熱射病にかかって赤ちゃんの命にかかわります。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する