プレママ・ベビーディクショナリー

プールや海はいつから?

夏の暑いときには、大人だって水浴びしたいですね。でも、誰もが押しかける海岸へは、たどり着くまでが大変。
 また、着いたとしても混雑していることでしょうし、赤ちゃんの肌には夏の直射日光と海の水は、まだまだきつすぎます。

プールは、大勢の人が利用するわけですから、かなり水が汚れていると考えなくてはなりません。
 ですから、プールや海にでかけるのは、せめて半年過ぎてからにしましょう。

夏には赤ちゃんと一緒に泳ぎたいと考えているお母さんやお父さんは、ぜひつぎのことを心がけてください。
 赤ちゃんの皮膚を夏までに外気に慣らしておきましょう。
 薄着をして、皮膚をきたえましょう。
 水に徐々に慣らしていくことも肝心です。
 夏本番になったら、大きなプールに行く前に、家庭用のビニールプールで行水して、水に慣らしておくのがよいでしょう。

海にでかけるときは、赤ちゃんが直射日光に当たって皮膚炎をおこしたり、熱をだしたりしないように、日焼け防止策を必ずとってください。
 日影に赤ちゃんの居場所を作ってあげること。また、直射日光で熱くなっている海岸の砂の上に、絶対に赤ちゃんを直接置いたりしないこと。
 海岸にいる時間は短めに。また、赤ちゃんのからだを海水につけるのは、生後7か月以降にしましょう。
 海水につける場合も、昼頃2~3分くらいにしておくこと。
 7か月未満の赤ちゃんなら、抱っこして朝夕の涼しい時間帯に海辺を散歩して、潮風にあたるのもいいのではないでしょうか。

海でもプールでも、赤ちゃんのからだを水につけるときには充分に準備運動をして、少しずつからだをぬらしながら徐々に慣らしていくようにしましょう。
 また、授乳や食事のあとは避けることも忘れずに。
 終わったら赤ちゃんのからだをシャワーなどで洗って、さっぱりさせておきましょう。

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarks に追加
  • 2017年12月12日
    わくわくナビ運営事務局は12月28日より1月4日は休業となります。2018年1月5日より通常業務となります。

WAKODO はいはい

first call 子育てのお悩み相談モニター募集

母子健康手帳 副読本アプリ

アトピコfan!

PREMIUM Baby Club

赤ちゃん&子育てインフォ

国などの公的機関と連携した母子保健サービスを行っています

子どもとの毎日が楽しくなる情報がいっぱい!tocotoco

mama job

育児本専門店「楽育まんてん堂」

  • わくわくナビおすすめNEWS
  • メルマガアンケート 結果発表!

    情報提供:公益財団法人母子衛生研究会

わくわくナビを紹介する